最初のカメラはあまり立派なものではありませんでしたが、できた写真を見たときのどきどきした気持ちは今でも変わりません。それからしばらくして、本物のカメラを手にしてから、カメラマンとしての自分がスタートしました。

一番やりがいを感じるのは、レンズにうつったものすべてが完璧に調和しているような、そんな瞬間にときたま出会うときです。

© 2016 ミッチェル・メアリー。 〒ooo-oooo 豊島区東池袋O-O-O
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!